『新根室プロレス』年内解散を表明‼︎全国区の人気団体になったのになぜ?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

アンドレザ・ジャイアントパンダで全国的に有名になった「新根室プロレス」が突然、年内での解散を発表しました。

 

いったい、何が「新根室プロレス」に起きたのでしょう。

 

今年いっぱいで「新根室プロレス」解散

 

根室を拠点とするプロレス愛好家団体「新根室プロレス」のサムソン宮本代表(54)は14日夜、根室市内で行われた三吉神社例大祭の興行で、今年いっぱいで同団体を解散する方針を表明しました。

 

「アンドレザ・ジャイアントパンダ」ら所属レスラーは、10月13日の東京での単独興行が最後の舞台となる予定です。

 

 

全国区の人気団体に

 

新根室プロレスは根室を元気づけようと、アマチュアの愛好家10人で2006年に結成。

 

2017年に身長3メートルのアンドレザがデビューすると全国区の人気となり、プロレス雑誌や全国放送のテレビ番組などで取り上げられました。

 

 

せっかく、全国メディアにも取り上げられるようになったのに、急に解散とは何が起きたのでしょうか。

宮本代表にガンが見つかる

 

宮本代表に2017年7月に、小腸にがんの一種である平滑筋肉腫が見つかりました。

 

手術で腫瘍を切除しましたが、今年3月には肺への転移が判明。

 

宮本代表は「新根室プロレスのモットーは『無理しない、けがしない、明日も仕事』で、自分が病気となり、それを守れずに続けていいのか」と悩んだ末に解散を決断したと語っています。

 

新根室プロレスのメンバーは、みんな地元で仕事を持って働いています。

10月13日の新木場のイベントが最後となる

 

10月13日は東京・新木場のイベントホール「新木場ファーストリング」で興行を行う予定の「新根室プロレス」。

 

夢だった東京での興行が最後にかないました。

 

14日に行われた宮本代表の「生前葬」と銘打った興行には、道内外から約500人のファンが集まりました。

 

何もない(失礼)根室で、13年間プロレスで地域を盛り上げてくれたことにみんな感謝していると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です