『新潟女性殺害事件』齋藤涼介を新潟市内で逮捕。新潟警察署での顔画像あり。捜査員に「齋藤です」と応える

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

新潟市で元カノをめった刺しにして逃走してた男が逮捕されました。

 

全国指名手配をした割りには、新潟市内での逮捕でした。

 

齋藤容疑者が新潟市内で逮捕される

 

新潟市で女性を刃物で刺して殺害したとして指名手配されていた男が18日午後、逮捕されました。

 

 

逮捕されたのは齋藤涼介容疑者(25)。

 

齋藤容疑者は、15日にJR新潟駅近くの雑居ビルで石沢結月(ゆづき)さん(20)を刃物で複数回刺し殺害しました。

 

午後1時32分に、新潟市中央区から約10キロ以上離れた隣の区の新潟市南区のコンビニエンスストアの方から「似ている人がいる」と通報がありました。

 

現場で捜査員が男に確認をしたところ、「斎藤です」と本人が答えたということです。

 

警察で、午後4時半ごろ「その通りで、間違いありません」と石沢さんの殺害容疑を認めました。

 

暴れる様子もなく現在取り調べ中

 

齋藤容疑者の事情聴取は続いていて、暴れている様子などはないということですが、詳しい動機などについてはこれから話を聞くということです。

 

参照:ANNニュース

 

新潟警察署の齋藤容疑者の顔画像です。

 

それほど疲れた様子はなさそうです。

 

齋藤容疑者と石沢さんはオンラインゲームで知り合う

 

斎藤容疑者の母親が「2人はオンラインゲームで知り合った」と警察に説明していることが新たにわかりました。

 

また、事件のあった現場からは斎藤容疑者の携帯電話や傘の他、斎藤容疑者の名前が書かれたノートのようなものが落ちていて、その中には自殺をほのめかす内容や2人が知り合った経緯などが書かれていたということです。

 

新潟市秋葉区在住の石沢さんと埼玉県出身の齋藤容疑者は、年齢が5歳も離れており接点がわかりませんでしたが、オンラインゲームなら場所も年齢も関係ありません。

 

しかし、その経緯をノートに書いておくというのはやはり異常です。

 

逮捕されるまでネカフェにでも泊まっていたか

 

石沢容疑者は逮捕されるまでの4日間、ネットカフェなどに泊まっていたと思われます。

 

いくら新潟でも野宿はできませんから、ネカフェに泊まりながら発見されないように歩いて南区まで行ったのではないかと推測されます。

 

自殺の可能性が高いということだったので、萬代橋から飛び降りるか新潟の海にでも入水自殺をしていたかと思いましたがしっかり生きていました。

 

いったい二人の間に何があって、齋藤容疑者は石沢さんに強い殺意をいだき待ち伏せし包丁でめったざしにしたのでしょうか。

 

警察の取り調べ結果を待つしかありません。

 

齋藤涼介・新潟で元カノを複数回刃物で刺し指名手配。特徴は長身でイケメンの元ジュノンボーイ応募者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です