『沢尻エリカ』自宅に合成麻薬MDMAのカプセル2錠。逮捕のいきさつが判明

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

沢尻エリカ容疑者の逮捕の経緯が少し判明しました。

 

外部からの情報提供で逮捕が始まったようです。

沢尻容疑者の自宅でMDMAが見つかる

 

女優の沢尻エリカ容疑者が、東京都内の自宅で合成麻薬のMDMAを所持していたとして、警視庁に逮捕された事件。

 

「私の物に間違いない」と容疑を認めているということです。

 

逮捕されたのは、女優の沢尻エリカ容疑者(33)。

 

自宅からカプセル2錠が見つかる

 

警視庁によりますと、沢尻容疑者は16日午前、東京 目黒区の自宅マンションで合成麻薬のMDMAを含む粉末およそ0.09グラムを所持していました。

 

沢尻容疑者が違法な薬物を所持しているという情報をもとに、警視庁が16日午前8時すぎに自宅を捜索したところ、白い粉末が入ったカプセル2錠が見つかり、このうち1錠を鑑定したところ合成麻薬だと確認されたということです。

 

警視庁は今後、入手ルートなどについて捜査を進める方針です。

 

今回の逮捕は警察への情報提供?

 

警察の発表によると、今回の沢尻容疑者の逮捕は外部からの情報によるもののようです。

 

MDMAというと押尾学の事件が思い出されます。

 

今月10日には、有名金融トレーダーKAZMAXこと吉澤和真容疑者(30)が、MDMAによる麻薬取締法違反の容疑で逮捕されたばかりです。

 

このMDMAはクラブなどでよく使用されているようで、沢尻容疑者も逮捕前日に東京・渋谷区のクラブを訪れています。

 

おそらく、そのクラブの常連あたりからの情報ではないかと思われます。

 

【沢尻エリカ】合成麻薬MDMA所持で逮捕‼︎来年のNHK大河ドラマに初出演予定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です