『置き石家族』40代の無職の父親と中1の息子が自転車で置き石。義理の父親が主導か・静岡

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

静岡で親子で置き石するというとんでもない事件が起きました。

 

この置き石で、車が川に転落するという重大な事故も起きています。

40代の父親と中学生の長男が置き石

 

静岡・浜松市などでは、2018年10月から、路上にコンクリート片などが置かれる事件が連続して発生。

 

その数、実に25件。

 

参照:FNNニュース

 

この事件で25日、警察は6,000人ほどの捜査員を投入しました。

 

40代の父親と12歳の長男が逮捕

 

『往来妨害の疑い』で逮捕されたのは、静岡県西部に住む40代の無職の男です。

 

8月20日、浜松市中区の路上に、中学生で12歳の長男とともにコンクリート片2個を置いた疑いが持たれている。

 

この事件では、置かれたコンクリートに車が接触し、タイヤがパンクする被害が出ました。

 

また、発生した25件のうち、14件目のケースでは、車が置き石に乗り上げ、土手を滑り落ち、川に転落しています。

 

親子は自転車で置き石か

 

この置き石。

 

石以外にも、路上に鉢植えやコーンが置かれていたケースもありました。

 

警察には、複数の現場で、自転車に乗った親子の目撃情報が寄せられ、中学生1年の長男は、事件が発生した翌日にたびたび学校を休んでいたということです。

 

親子は自転車に乗って置き石を繰り返していたようです。

 

この40代の父親は無職で中学生にとっては義理の親になります。

 

父親の指示で長男が置き石か

 

この40代の父親は「やってない」と容疑を否認していますが、警察では父親の指示で長男がブロックを置いたとし捜査しています。

 

普通なら父親が犯行をとめるはずです。

 

この無職の父親が指示し、無理やり置き石をさせていた可能性があります。

 

長男が未成年であるということで、関係性がわかるという配慮のため実名報道されていない父親。

 

もし、父親の指示で置き石を無理やりやらされていたとしたら児童虐待にもなります。

 

おそらく父親が、中学生の息子に自分のストレス解消のために無理矢理やらせたとわたしは思いますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です