『鳥山豪』札幌「Cafe de MAX」で590万円助成金詐欺。Facebook特定。アルバイトの採用条件は「米が炊けて包丁が触れる」こと。

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 

札幌の中心街にある店で、助成金詐欺です。

 

この店、かなり評判が悪いです。

助成金詐欺で590万円をだまし取る

 

札幌西区の飲食店「Cafe de MAX」で助成金詐欺です。

 

飲食店の従業員を雇ったと偽るなどして雇用対策の助成金およそ590万円をだまし取った疑いで経営者の男が警察に逮捕されました。逮捕されたのは、札幌市西区の会社役員、鳥山豪容疑者(57)です。
警察の調べによりますと、鳥山容疑者は札幌市内で経営する飲食店「Cafe de MAX」で従業員を雇ったと偽るなどして、平成25年から26年にかけて国の雇用対策の助成金あわせておよそ590万円をだまし取ったとして詐欺の疑いが持たれています。
警察によりますと、鳥山容疑者はアルバイトの学生らを正規に雇用した従業員のように見せかけたほか、ほかの従業員の労働時間を水増しするなどして不正に助成金を申請していたということです。
警察は捜査に支障があるとして認否を明らかにしていませんが、ほかにも不正に関わった関係者がいると見てさらに捜査を進めています。

NHK北海道から引用

 

「Cafe de MAX」の場所

 

Cafe de MAX:北海道札幌市中央区大通西3丁目1 札幌市営地下鉄大通駅 B2F

 

参照:フリーマインドFacebook

 

 

わたしは行ったことはありませんが、札幌の中心街にある店です。

 

カフェではなく立ち食い蕎麦屋

 

「Cafe de MAX」はカフェと名前についていますが、立ち食い蕎麦屋のようです。

 

参照:Cafe de MAX HP

 

Googleの口コミも悪く、星一つが多いです。

平日の13時過ぎに行ったら、若い女性店員がスマホいじりながら接客。代金を払っている間も二人でくっちゃべってる。山菜うどんを頼み、店員が冷蔵庫から山菜を取り出すと形の悪いキノコがあったようで、それを見て「何これ〜!マジ無理ー!?アンモナントみたいなんだけど!?ちょ、マジ見てこれ!」と散々騒いだ挙句、対象のキノコを取り出したあとそのまま客である自分に提供。470円の割に量が少なく、麺を茹でるというか水に少しだけさらしたような感じでとても不味かった。二度と行かない。

Googleの口コミから引用

 

店としてやる気が感じられません。

もともとが助成金詐欺が目的の店であったのかもしれません。

 

アルバイトの募集がひどい

 

この店のアルバイトの募集がかなりひどいです。

参照:マイナビバイト北海道

 

米が炊けて包丁が触れるのが採用条件です。

 

これでアルバイトを集めて、助成金を詐欺していたのでしょう。

 

鳥山豪の会社は「株式会社 フリーマインズ」

 

鳥山豪の会社は「株式会社 フリーマインズ」。


住所:北海道札幌市西区二十四軒3条2丁目4-25-504

『事業内容は当社は「KDDI・NTT・UCOMの正規代理店です。インターネット回線のお申し込みや、各種プロバイダーも取り扱っております。その他、電気工事や印刷物等も承ります。』

 

とあり、電気工事やもろもろをしている会社で本業が何か分かりません。

 

鳥山豪のFacebookは

 

会社のFacebookになりますが、https://www.facebook.com/pg/freemindsHD/posts/?ref=page_internal

になります。

 

この鳥山容疑者の顔画像は特定できません。

 

会社の社長でありながら、顔画像を出していないというのも変です。

 

助成金といえば、我々の税金から出ているお金です。

 

他の仲間もこれから逮捕されることと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です