【わいせつ整体師】整体スクールのカリスマ院長兼天光寺で滝行指導の謎?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。


かつての「わいせつ整体師」のいま


女性客を全裸にし、胸や下半身を触って逮捕・起訴された磯部昭弘氏(49)。


2016年11月に準強制わいせつで逮捕され、17年に懲役2年6月、執行猶予4年の判決を受けています。


この磯部氏が1月12日に放送されたテレビ朝日系列の「ゲンバの声がある」(テレビ朝日系)というバラエティ番組に出演していたと週刊新潮が報じています。


この放送では、グラビアアイドルのわちみなみ(24)と声優のPile(30)が東京・檜原村の天光寺を訪問し、滝行を経験するというもの。


「今回教えてくれる天光寺の磯部さん」と室井滋のナレーションが紹介したのが、磯部氏その人だったということです。


磯部氏は女性タレント二人に「喋ってないでとっとといけ‼︎」「がんばれ‼︎」などと立派に滝行の指導をしたとのことです。


磯部氏はたまたまそこに来ていただけ


磯部氏の現在は、天光寺の修行僧かと思いきや「秋美整体学院 学院長」兼「カリスマ整体師」。


なぜ、磯部氏がその寺にいたかというと、この寺の住職の高尾聖賢氏(67)によれば、


「磯部は正社員ではなくたまたまそこに来ていただけ」と新潮の取材に答えています。


それ以外にも


「準強制わいせつで終わってるのに何をやろうとしてるんだって。指導して何が悪いの?」


と強気な発言をしています。


被害者がいる以上、それで終わっているというのも僧侶としてあるまじき発言では?


磯部氏も


「なんなんですか?叩きたいんですか?」と応えています。


住職と整体師。


一体どんな繋がりがあるのでしょう。


スポンサーリンク

天光寺も16年に暴行容疑で家宅捜査を受ける


この天光寺は16年11月に修行に来ていた中学3年生に暴行を加えた疑いで、警視庁の家宅捜索を受けています。


高尾住職は、女優の井川遥の叔父。


当時の報道では、大手会社の企業研修などをする一方、高尾住職が寺の職員や修行に来た子供への度重なる暴行が報じられています。



一体どこで、整体師と繋がったのかは不明ですが、たまたま手伝いに来ていた男にテレビ出演させてまで指導させたというのも変な話です。

磯部氏の整体学校では「年商3000万円プロジェクト」も教える


現在、磯部氏は『輪郭美人矯正』で基本5万円と「全身骨盤矯正」基本2万円のコースなどで自ら施術を行っているとともに、学校では『年商3000万円を実現するサロン養成プロジェクト」や「ステージアップして単価を2倍、3倍にする方法」なども教えています。


まだ、『40歳以上の女性誌に掲載、ゴールデン番組にも取り上げられ・・・」という文言は今も使われています。


しかし、どこにも準強制わいせつで逮捕されたとは書いていません。


ブログを見るとかなりの生徒や施術を受けている人たちがおり、まさか今も「わいせつ整体」を教えているとは思えませんが、磯部氏に被害者に対する反省の色はまったく見えません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です