【アポ電強盗】須江拓貴の刺青は「凶悪」の証?受け子の金も持ち逃げか

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

須恵容疑者は札付きのワル


東京・江東区で起こった「アポ電」強盗殺人事件で逮捕された須江拓貴(ひろき)容疑者(22)の不良仲間は、須江容疑者は暴走族に入っていて、窃盗、恐喝、傷害事件で2回は逮捕されていると話しています。



このアポ電強盗。


2月28日にマンションで一人暮らしをしていた加藤邦子さん(80)が所持金について確認する電話を受けた後、殺害されたという凶悪事件です。


強盗殺人などの疑いで逮捕されたのは、須江容疑者の他に、小松園竜飛(こまつぞのたつみ)(27)、酒井佑太(22)両容疑者の3人。


軽自動車で乗りつけ、加藤さん宅に侵入し殺害したとされています。


須惠容疑者の借金とDV


須田容疑者は、犯行グループの中でも、リーダー格を務めていたということです。


その知人によると、須田容疑者は地元でも札付きのワルだったとか。




亡くなった父親の保険金でバイクや車を買いまくり、それが底をつくと今度は交際相手に借金とDV。




まさしく、田舎の不良です。


須恵容疑者は格闘技を・・刺青は本物仕様


須惠容疑者は格闘技をやっていたとのことです。


そのつてで、地下格闘技をやっていた小松園容疑者とも知り合ったとされています。


その刺青も本物でタトーではありません。


参照:フライデー


これは、俗にいう「モンモン」と言われる本職の人たちが彫っていいる刺青です。


はっきりいって「怖っ」て感じです。


いつか、やらかす凶暴さを秘めています。


受け子で金を持ち逃げして手配されていたという情報も


この須江容疑者は、受け子で金を持ち逃げして手配されていたという情報もあります。

(信ぴょう性は不明です)



これが本当ならさらに上部組織からも追われていたことになります。


だんだん凶悪化してきている特殊詐欺。


すでに生きている世界が違うという感じですね。


またシャバに出てくるとろくなことをしないと思うので、出来るだけ長く刑務所に居させるべきだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です