【インパルス堤下】謹慎中に離婚していたことを明かす‼︎月収143円

インパルス堤下が「ナカイの窓」に出演

 

先月23日から活動を再開している、お笑いコンビ・インパルスの堤下敦さん(41)が、28日深夜放送の日本テレビ系バラエティー番組『ナカイの窓』に出演し、昨年10月からの謹慎中に、2011年に結婚した1歳年上のダンサーと離婚していたことを明かしました。

 

参照:堤下敦ブログ

 

堤下さんは、昨年6月に自損事故、同年10月に人身事故を起こしたことにより、所属事務所のよしもとクリエイティブ・エージェンシーから無期限の謹慎処分を受けていました。

 

昨年6月の交通事故の原因は、睡眠薬の影響とされており、10月の交通事故は不注意によるものとされています。

 

スポンサーリンク

堤下が離婚を告白

 

この日の放送終盤で登場した堤下さんは、「事故もあって、離婚をしまして」と報告。

 

「1回目の時は笑って頑張ろうとなったのですが、2回目は反省してないんじゃないと思われまして、いろいろと話し合って…。今は(娘の)養育費も払っています」と明かしました。

 

堤下さんは、モデルの土岐田麗子さんと交際後破局。

 

その後1歳年上のダンサーの一般女性と結婚しています。

 

どちらも美人ということで騒がれていましたが。

 

今回の交通事故が、芸能活動も含め全てを狂わせたようです。

 

謹慎中はアルバイト

 

堤下さんは、謹慎中の芸人としての月収は「143円」だったこと、貯金もなくなり生計を立てるためにアルバイトもしていたことを話しました。

 

また、離婚した奥様との間には女の子が1人いて、今後は「養育費」を支払っていくとのことです。

 

番組の中で、子供に忘れられないために「テレビで頑張りたい」と再起を誓いました。

 

謹慎中のつらい時期に、相方の板倉俊之さんが支えてくれたことにも感謝していると語っています。

 

今回の、謹慎と離婚が今後の「芸の肥やし」になって、さらに活躍することを祈りたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です