【カネカ社長】育休復帰直後に転勤命令‼︎「配慮不足」と認めるメール

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

カネカの元従業員に妻が夫の育休明けの転勤を告発

 

カネカの元従業員の妻が「夫が育休復帰直後に転勤を言い渡され退職した」ことを告発し同社に批判が集まっている。

 

 

日経ビジネスによると経緯は

 

夫婦は40代の共働きで、今年1月に生まれた長女の育児のため、それぞれ育児休暇を取得した。夫が復帰したのは4月22日。住宅を購入し、4月中旬に新居に引っ越したばかり。夫婦によると、夫に辞令が出たのは育休復帰明け翌日の4月23日。午前中、上司に呼ばれ、5月16日付で関西への転勤を命ぜられた。「組織に属している以上、転勤は当然だが、今のタイミングは難しいので1〜2カ月延ばしてもらえないか」と相談するも会社側は却下。有給休暇の申請も却下され、夫は泣く泣く5月31日付で退社した

 

日経ビジネスより引用

 

「炎上」中の同社が6月3日、角倉護社長名で「育休直後に転勤内示」を認めるメールを従業員宛に送っていたことが判明しました。

問題のツイート

 

会社を辞めた夫の奥様のツイッターです。

奥様は産後4ヶ月で会社に復帰し、家族3人(夫含む)を支えています。

 

 

 

労働組合、労基に相談したようですが、法的には問題がないので仕方がない・・・という回答だったようです。

 

今の組合と労基はまったく当てにできません。

社長からのメールの文面

 

カネカの社長(角倉護)から社員へのメールです

2019年6月3日

社員各位

社長

昨日6月2日より、SNS上に当社に関連すると思われる書き込みが多数なされていますが、正確性に欠ける内容です。

育児休業休職直後に転勤の内示を行ったということはありますが、これは育児休業休職取得に対する見せしめといったものではありません。

十分な意思疎通ができておらず、着任の仕方等、転勤の具体的な進め方について当該社員に誤解を生じさせたことは配慮不足であったと認識しております。

春の労使協議会でも述べたとおり、「社員は最も重要なステークホルダー」であります。

今回のような行き違いを二度と発生させない様、再発防止に努めます。


以上

 

ハフポストから引用

 

社長自らが、社員にこのような件に対してメールをするとは珍しいです。

普通なら広報課が取材等に対して何らかの対応をしてお茶を濁すはずです。

 

かなり真面目な社長なのか軽率なのかどちらかでしょう。

カネカ は、この転勤がハラスメントでないなら「名誉毀損」でこの社員と奥様を訴えることができます。

 

このツイートの主を訴えたり仮処分申請をしないのはなぜか?そこに真実がありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です