【カラテカ入江】闇営業のギャラはひとりじめ?会社はいま開店休業

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

カラテカ入江のギャラ配分

 

吉本興業の芸人が事務所を通さず仕事をする闇営業を詐欺グループとの間で行っていた問題で、仲介役を務めて同社との契約を解消されたカラテカ入江慎也(42)が他の芸人に支払った「闇のギャラ」の流れが明らかになってきたとスポニチが報じています。



まず、スクープされた2014年12月に開かれた詐欺グループの忘年会には雨上がり決死隊の宮迫博之(49)やロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)らが参加しています。

この時に入江が詐欺グループから一括で受け取ったギャラは総額で200万円前後になるとみられています。


複数の芸人による証言からスポニチ本紙が各自のギャラを算出したところ、宮迫には50万~100万円、亮には15万~20万円、レイザーラモンHG(43)に10万~15万円を分配。

 

ワタナベエンターテインメントのコンビ「ザブングル」や、当時まだブレーク前だったガリットチュウ福島善成(41)は数万円程度で、入江の取り分は50万円以上だったとみられています。

ほかの芸人からギャラをかすめ取る

 

同じく入江が仲介した14年の誕生日会にはくまだまさし(45)ら7人が参加しています。

こちらは各自5万円ほどしかギャラをもらっていません。

正規営業のギャラの相場よりはかなり安く、くまだまさしはこの時にはかなりの人気があったはず。

入江の後輩である芸人たちは、「お友達価格」で参加したと思うと指摘されています。


今回の闇営業では入江がギャラの配分などをすべて自身で決定したとみられています。

半分以上を懐に入れた入江

 

入江は吉本興業の事情聴取に「金銭は受け取っていない」と主張していたところ、詐欺グループのギャラを担当した人間から、礼金で100万円を手渡しで受け取っていたとの情報が。

 

これが事実なら、先輩の宮迫らを「格安」で呼んで、入江が全体の半分以上を受け取っていたことになります。

 

また、入江は何度かこの詐欺グループの飲み会にも出席し、相手が詐欺グループだと知っていたと考えられています。


「闇営業」というより入江の副業にほかの芸人が利用されたようです。

 

5000人の友達を売りに会社「イリエコネクション」を立ち上げている入江。

現在HPにはアクセスできません。

 

 

年商1億とうたっており、実態は入江の講演料とこのての裏の仕事だったと思われます。

 

 

入江コネクションの取締役は元?行列のできる相談所のディレクター。

テレビ朝日側としても、できるだけ大きな騒動にしたくなかったはずです。

 

入江の友達5000人というのは、自分が利用できる人間が5000人?なのではないかと前から思っていたのですが、やはり入江にとって「トモダチ=利用できる人間」だったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です