【スルガ銀行】投資詐欺にも関与か‼︎2年で5000万円の融資が発覚

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

スルガ銀行が投資詐欺にも融資か


朝日新聞でスルガ銀行が投資詐欺にも関与していた疑いがあると報じています。


一人暮らしの都内の20代の女性が、昨年、仕事探しを通じて会社経営の男と知り合い「投資話」を持ちかけられたということです。


銀行でお金を借りて男に預ければ、男が銀行に返済し、配当も払うと言われ、女性は承諾しました。


これ自体がまずあり得ない話ですが、お金に困るとそこに漬け込むのが詐欺の手口です。


スルガ銀行の行員が「介護費用」として融資


その女性が、お金を借りるため男に紹介されたのが、スルガ銀行の神奈川県内の支店の行員でした。


昨年の5月末、女性はスルガ銀行から無担保で200万円を15年返済で借りる契約をし、行員の指示で、融資金を男に振り込む伝票も書かされました。


資金使途は「介護費用」


これら一連の詐欺行為について、スルガ銀行の行員が分かって融資していた可能性があると報じられています。


配当金は一度も払われずに、この経営者の男とは連絡が取れなくなったとのことです。


男が朝日新聞の取材に答える


この男は、朝日新聞の取材に応じて


「月2~3%の配当を保証した」「銀行に返済して月2万~3万円の配当も払うつもりだった」と説明。


「安く仕入れたフォークリフトを輸出して売るという投資事業は実在したが、お金が戻ってこない。自腹で少しずつ返していく」と主張しているということです。


同様に20人前後にスルガ銀行で借りさせ、昨年5月までの約2年で5千万円超を集めその、半数以上とは配当や返済を巡りトラブルになっているとも語ったとのこと。


完全に「詐欺」です。


そしてスルガ銀行が詐欺の片棒を担いでいます。


スルガ銀行の行員が、この話をそのまま信じて融資しているはずもありません。


先日は、「デート商法」への融資に行員が関与していたことが判明しました。



今度は、投資詐欺です。


シェアハウスだけでなく、他の詐欺にも加担していたスルガ銀行。


その一方で、銀行側はだんまりを決め込んでいます。


創業家への訴訟はどうなっているのでしょう。


恐ろしいパワハラをした上司たちも処分されているようにはみえません。


この隠蔽体質がスルガ銀行にある限り、「銀行」としてはやっていけないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です