【バカッター】今度は「バーミヤン」‼︎拡散した人間にもとばっちりか

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

今度は「バーミヤン」で不適切投稿


すかいらーくホールディングスは10日、運営する中華料理レストランチェーン「バーミヤン」のアルバイト従業員が、中華鍋の火でタバコを吸うという不適切動画について、公式サイトで謝罪しました。


当社従業員による不適切な行為とお詫びについて

当社グループが運営する「バーミヤン」におきまして、昨年2018年3月頃アルバイト従業 員が不適切な行為を行ったことが、本日インターネット上への動画掲載により判明いたしました。


お客様には大変不安と不快な思いをさせてしまいましたことを深くお詫び申し上げます。

本件に関与した従業員に対する当該動画を撮影した状況の確認を含む調査の結果、当該動画は 昨年2018年3月頃に、深夜のオーダーストップ後、従業員用の食事の調理をしているところ を別の従業員が撮影したものであり、調理された料理はお客様には提供されていないことを確認 いたしました。


当社グループでは、このたびの事態を厳粛かつ重大に受け止めており、再発防止と信頼回復の ため、関係者の厳正な処分とともに法的責任の追及についても検討を行った上で、従業員教育の 再徹底についてあらためて取り組んでまいります。
このたびは誠に申し訳ございませんでした。

すかいらーくグループHPより引用


問題の不適切動画


約15秒の動画で、コックが中華鍋に立ち上がった炎に顔を近づけ、口にくわえたタバコに火をつけるという動画です。


行われたのは、昨年3月頃の深夜のオーダーストップ後。


調査の結果、調理された料理は客に提供されていないことを確認したと発表されています。



くら寿司、セブン―イレブン、ビックエコー・・・不適切な動画のSNSへの投稿が相次いでいます。


各企業は、従業員への刑事告訴と損害賠償も検討しているとしています。


拡散した人間にもとばっちり


朝のテレビでやっていましたが、これらの不適切動画は、一度投稿されたものを誰かが再度投稿し、2月に拡散しているものが多いということです。


そうなると、最初の投稿者だけでなくこの動画を拡散した人間にも刑事罰と損害賠償請求がされる可能性があるとのこと。


刑事罰があるのは当然として、損害賠償請求は2000万円以上になるとコメンテーターが話していました。


これから始まる投稿者と拡散者の逮捕と裁判。


動画を投稿した人物だけでなく、拡散した人物にもとばっちりがくる可能性があるようです。


自分ではイタズラの気持ちでも、その後に待っているのは犯罪者という烙印と多額の損害賠償。


バカッターたちは今頃震えているでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です