【ブラック企業大賞】2018年度ノミネート企業発表‼︎大賞の予想は

ブラック企業大賞ノミネート発表

 

今年で7回目になる、弁護士やジャーナリストらでつくるブラック企業大賞実行委員会は12月5日、今年の同賞ノミネート企業を発表しました。

 

ノミネートされたのは、

 

・ジャパンビジネスラボ

 

・財務省

 

・三菱電機

 

・日立製作所

 

・日立プラントサービス

 

・ジャパンビバレッジ東京

 

・野村不動産

 

・スルガ銀行

 

・ゴンチャロフ製菓

 

・モンテローザ

 

スポンサーリンク

昨年のブラック企業大賞は

 

昨年のブラック企業大賞は、男性社員を不当にシュレッダー係に配転したり、懲戒解雇するなどした『アリさんマークの引越社』でした。

 

パワハラで訴えを起こした男性への和解案が、シュレッダー係から営業に戻すが、営業車を使わせず、自転車か公共交通機関を使えというものでした。

 

 

暴力団より怖い副社長が話題になりました。

 

今年の大賞は?

 

今回のブラック企業大賞の授賞式は12月23日に開かれる予定とのことです。

 

各社、違法残業に不当労働行為のオンパレードです。

 

しかし、ノミネートされた企業は、ある程度大きな企業なので、中小企業になればさらに酷いところはあると思います。

 

私の予想では、大賞受賞社は特別にノミネートされた「財務省」のような気がします。

 

今年の財務省はひどかったです。

 

事務次官が女性記者にセクハラ行為を繰り返したり、局員が自殺したりと、民間企業でもなかなかないブラック度でした。

 

授賞式に「サガワさん」か「フクダさん」が出てくれると盛り上がると思いますが。

 

私はここに載った企業に対して、不買運動などを起こすべきだと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です