【ワイドナショー】松本、東野が吉本の対応について苦言。

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

宮迫らの謝罪会見を放送

 


ワイドナショーで2時間半にわたる長い会見のどの部分を切り取るのかと思ったところ、「弁護士に委任した経緯」と「岡本社長との面談について」です。


2人が岡本社長に会いに行ったところ、二人の弁護士が出てきて「引退か契約解除」かといわれ、引退会見のQ&Aについて説明された。


仲間についた「嘘」については

「返しようのない・・・軽い気持ちで自分の思い込みの解釈で言ってしまった・・先輩にはお会いすることができません。」


記者からの、松本からの助言に対しての質問について

「(松本に)全員がいくらもらったとか細かいことをすべて言ったほうがいいと言われたが、自分が軽く考えてしまった」

と話しました。


松本が会社と宮迫との間に入っていた

 


最初の頃、松本は会社と宮迫との間にはいって話をしていたそうです。

そのうち、これ以上中に入ってはいけないと思いやめたとのこと。


しかし、松本は「今さら、宮迫を悪から善にするつもりはないが、いままで会社から聞いたことと違いすぎる」ということでツイートをしたそうです。


東野も「会社が本当に会見をさせないと発言したのか」「全員クビにするからな」と言ったのか?が疑問と話しています。


松本は吉本は「芸人ファースト」でなければならない。

吉本には「もう自分はいられないかもしれない」と話したことも明かしました。


松本が吉本で話した会社の問題

 


松本は吉本で

・会社は変わらなければならない

・芸人のギャラの問題

・吉本の中に「松本興業」のような部署を作って欲しい。そこで今回クビになった芸人を使いたい

と話したそうです。


何やら、独立の動きのような・・・

岡本社長もインタビューに応える

 

吉本興業の岡本社長も「ワイドナショー」の独占取材に応え、特殊詐欺にあった被害者に謝罪。

そして自分の会社の芸人が、闇営業や会見で世の中を騒がせたことを謝罪。


・・・で終わりました。


特に今回の会見についての反論はしていません。


松本は「やはり吉本は横柄なってきた。大名商売になってきた。初心に戻った方がいい」と話しました。

東野も「吉本興業の横柄な態度が気になればいってほしい」と語りました。

いまの宮迫は

 

昨日、松本は宮迫と話しをしたそうです。

宮迫はかなりスッキリした様子だったとのこと。



松本は「宮迫らと岡本社長が話をする必要がある。気まずかったら自分が中に入る」とも語っています。

また芸人の立場からいうと、やはり「芸人」に戻ってほしいとも語っていました。

岡本社長に対して

 

松本は「吉本自体は悪い会社ではない。」

小さい頃から吉本をみて育ったし、自分たちも「お笑い」で育ててもらったということだそうです。

 

また、岡本社長は昔から言葉遣いが悪いところがある。いまの時代ではもう通じない。

尾崎会長にもそれについては言ったことがあり、その悪い部分が出たのかな・・・と語っています。

 

ただ、松本と東野の話のなかで、何度か吉本に対して「横柄」「大名商売」という言葉がでていたのが気になりました。

 

しかし、吉本芸人の「絆」がかなり強いことが今回の事件で分かりました。

 

『ワイドナショー』質問があれば「#ワイドナショー」でツイート 今日のワイドナショーは緊急生放送。松本と吉本の話し合いに注目集まる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です