【下半身切断遺体】犯人は26歳の夫‼︎妻を殺害し海に捨てる

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

下半切断遺体は川崎の主婦

 

神奈川県平塚市の海岸で27日に両足を切断された若い女性の遺体が見つかった事件で、川崎市に住む26歳の男が「遺体を海に捨てた」と警察署に出頭していたことが分かったと報じられています。



出頭したのは、川崎市宮前区に住む26歳の男ということです。

 

参照:ANNニュース

 

27日の午後に男が川崎市内の警察署に出頭して「遺体を平塚の海に捨てた」「首を絞めて殺した」などと話していたことが分かりました。

 

平塚市の海岸で見つかった遺体

 

27日午前8時半ごろ、平塚市の海岸でジョギング中の男性から「波打ち際に足のない女性が漂っている」と119番通報がありました。

 

警察などによりますと、女性は死亡していて、遺体は上半身だけで足は見つかっていません。

遺体が死後どれくらいの時間が経っているかも分かっていません。

 

遺体が見つかったのはJR平塚駅から南に約1.3キロ離れた砂浜です。

 

この遺体は男の妻とみられています。

 

一体何が夫婦の間であったのか?

現在警察が捜査中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です