【不敵な笑み】どうなっても知らねえぞ‼︎暴力団幹部が宮司を脅し逮捕

宮司を脅した暴力団幹部が逮捕

 

東京・中央区の神社で暴力団組長からの『奉納金』の受け取りを拒否した宮司を脅したとして、組幹部の男ら2人が警視庁に逮捕されました。

 

参照:JNNニュース

 

稲川会系暴力団幹部で、無職・白井賢二郎容疑者(77)(東京都中央区築地)と井上克巳容疑者(54)(相模原市南区当麻)を暴力行為等処罰法違反(脅迫)容疑で逮捕しました。

 

2人は今年5月、中央区の神社で宮司の男性(66)に組の総長からの奉納金の受け取りを拒否され、「どうなっても知らねえぞ」などと脅した疑いがもたれています。

 

2人は取り調べに対し、いずれも「そんなことは言っていない」と容疑を否認しています。

 

例年、同神社の祭りには、暴力団組員らが組名入りのはんてんを着て参加。

 

神社は約10年前から、祭りの前に暴力団の総長の個人名で奉納金を受け取っていましたが、警視庁の指導を受けた宮司が今年から受け取りを拒否することを決めていました。

 

奉納金の受取拒否をすれば、こうなることは分かっていての逮捕だと思われます。

 

仕組まれた罠にまんまとハマったことになります。

 

それでも、不敵な笑みを浮かべる白井容疑者。

 

さすが「幹部」の貫禄というところでしょうか。

 

しかし、ジャージを着ていると人のいいおじいちゃんに見えるところが、いまの暴力団の怖いところでもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です