【中居正広】SMAP解散の幕引きに後悔‼︎マルがつけられなかった

昨日の金スマでSMAP解散を後悔

 

中居正広さんが28日、金スマの「中居正広のキンスマスペシャル」に出演。

 

ゲストは、今年いっぱいで芸能界を引退する滝沢秀明さん。

 

滝沢さんが少年時代に両親の離婚のため極貧生活を送っており、生活のためにジャニーズに入ったことも明かされました。

 

その中で中居さんは、16年大みそかに解散したSMAPの幕引きについて「。(マル=句点)がつけられなかった」と後悔の思いを吐露しました。

 

スポンサーリンク

中居と滝沢の不仲説払拭

 

この金スマは、先週の予告通りジャニーズ事務所の後輩で、年内でタレントを引退して演出家となる滝沢さんの特集が組まれました。

 

滝沢さんは今井翼さんとのユニット「タッキー&翼」を9月に解散。

 

今井さんはジャニーズを退所しましたが、タキツバとして大みそかのジャニーズカウントダウンに出演することが発表されています。

 

このタキツバ復活の背景には、中居さんの言葉があったことが初めて明かされました。

 

滝沢さんが、引退発表後、一番最初に電話をくれたのが中居さんで、

 

「今のタキツバは『、(点=読点)』だ。ちゃんと『。(マル)』をつけて終了しなさい」

 

と言葉をかけられたことを明かしました。

 

中居さんのこの言葉で、滝沢さんは「ジャニーズのカウントダウンに翼と一緒に出ようと思いました」と語っています。

 

中居がSMAP解散について後悔

 

滝沢さんの言葉を聞いた中居さんは「僕個人は(幕引きを)怠った人間で…『。(マル)』で幕引きができなかった」とSMAP解散についての後悔を語りました。

 

やはり、リーダーとして、ファンへの責任はかなり感じているのでしょう。

 

現在、中居さんは「新しい地図」との不仲説、キムタクとの合流、独立説などがささやかれています。

 

キムタクは家族で芸能界に売り出すという、自分が今まで表に出さなかった家族を前面に押し出してきました。

 

来年は中居さんの結婚も含め、芸能活動に何かしらの動きがありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です