【交通安全教室】中学生470人の前でスタントマン死亡。京都

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

交通事故再現中のスタントマン死亡


12日午後2時20分ごろ、京都市山科区勧修寺平田町の勧修中のグラウンドで、交通安全教室に出演していたスタント会社「ワーサル」のスタントマンのアルバイト男性(34)が交通事故の再現中、トラックにひかれ亡くなりました。


この男性は胸や腹を強く打ち、7時間後に死亡。


同教室には全校生徒約470人が参加していたということです。


交通事故を再現


この男性は、歩行者が道路の横断中に車にはねられる事故を再現していた際に、時速10キロで走行するトラックのバンパーにしがみつき、安全に着地する想定だっでしたが、失敗して地面に落ち、車体下に巻き込まれたということです。


トラックは同僚男性(38)が運転。



この教室は京都市自転車政策推進室が主催し、「ワーサル」に業務を委託していました。


中学生たちはトラウマに


この事故は実際に交通事故の恐ろしさを伝えるには役立っていますが、470人の中学生にとってはトラウマになりかねません。


学校では、中学生の心のケアをするとしていますが、かなりの精神的ショックをおっていると思われます。


実際に免許を更新に行った際にこのて映像はみますが、やはりかなり危険な仕事のようです。


亡くなった男性のご冥福を祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です