【元フジアナ松倉悦郎住職】故・逸見アナと同期‼︎鍵で車傷つけ逮捕

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

元フジアナウンサーの住職が逮捕される


元フジテレビアナウンサーで住職の兵庫県姫路市、松倉悦郎容疑者(73)が11日、姫路署に器物損壊の疑いで現行犯逮捕されました。


参照:善教寺HP


松倉容疑者が住職をしている善教寺では「楽しくなければお寺じゃない! 楽しいだけでもお寺じゃない!」をHPで掲げています。


かつての、フジテレビのキャッチコピーをもじっています。


松倉容疑者は、故・逸見政孝さんの同期として同局入社


スポーツ中継などで活躍していましたが、17年前に退社し僧侶に転身したことで当時、話題になりました。


元アナウンサーの経歴を生かして、「サロン・ド・アミダ」という、住職の法話と広く各界で活躍している講師との講演も行っていたようです。


余罪が50件以上か


松倉容疑者の逮捕容疑は11日午後0時55分ごろ、姫路市内の民家の駐車場にとまっていた、市内の男性(26)が所有する乗用車のボンネットにかぎで線状に約30センチにわたる傷をつけた疑いです。


当初は否認していた松倉容疑者ですが、その後容疑を大筋で認め「しょうもないことをしてしまいました。傷をつけてしまいました」などと供述しているということです。


詳しい動機などについては現在不明です。


車を傷つけたとしたかぎは4本くらいの束で、キーケースに入れられていました、


姫路市内では今月8日から同様の事件が今回の現場付近で頻発しており、約50台が傷をつけられるなどの被害に遭っており、警察が警戒を強めていたところ松倉容疑者が歩きながら車を傷つけるのを現認され、現行犯逮捕されたということです。


警察では、松倉容疑者の余罪についても調べる方針としています。


松倉容疑者はアナウンサーから善教寺の住職に転身


松倉容疑者は、逸見さんが93年に亡くなった際、葬儀では弔辞も読んでおり、逸見さんとは30年来の親友。


フジテレビ在職中の93年、僧侶養成学校の通信制に入学し、94年末に得度。


妻の実家である善教寺(姫路市)での僧侶としての名は「結城思聞(ゆうき・しもん)」で、06年に住職に就任しました。


『善教寺住所:兵庫県姫路市西大寿台4-6』


今回の事件で、せっかくの華麗な経歴に泥を塗ってしまいました。


ストレスが溜まっていたのか、昔からやっていたのか。


車に傷をつけられた被害者は、修理に十数万円はかかるので、ストレス解消のイタズラではすみません。


もし、50台も松倉容疑者が車を傷つけていたら、起訴は免れず、損害賠償もかなりの額になると思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です