【元純烈友井】謝罪会見でも「嘘」‼︎壮絶なDVによる「流産」も証言

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

友井の相手のA子さんにミヤネ屋が取材


男性歌謡グループ「純烈」の元メンバー友井雄亮(38)にDVを受けていたとされるA子さんが、15日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」の取材に応じました。


友井は今月11日に行った謝罪会見で女性に対するDVについて「殴ったり蹴ったりした。けんかの延長だったり…。それを抑える強さがなかったのだと思う」と発言。


16年に「誓約書」を書いたことで、いったんは2人の関係が絶たれたが、今回の報道で再びA子さんとあらためて事案を協議することになったと話しています。


スポンサーリンク

謝罪会見でも「嘘」をついた友井


A子さんはミヤネ屋の取材に対して、友井は「物を使ったことはない」と話していましたが、実際は「木製のハンガーが壊れるまで後頭部を殴られたりしたこともあった」


また、流産については会見ではDVとは関係ないとしていたが、A子さんは「強く手を引っ張り回され、引きずり回されて、次の日に流産した。それが原因だと思っている」と明かしました。


代理人弁護士も取材に応じており「事実とは異なる部分があり、ショックを受けている」としています。


弁護士も言っているくらいなので、A子さんの話していることの方が信憑性があると思われます。


誓約書は「友井側」から流出


A子さんの代理人弁護士は、マスコミ各社に「平成28年に友井雄亮氏が作成した誓約書が週刊誌に掲載されていますが、この誓約書に関しては友井雄亮氏が保管していたものが流出したものであり、誓約書の流出に関してはA子及びその関係者は全く関与しておりません」と説明しています。


また、「純烈」4人でした会見でも、友井から「謝罪文は友井側から流出したもの」と聞いていたとしています。


文春はどこからこの「謝罪文」を入手したのでしょう。


メンバーにも11年間「DV」はなかったと嘘をつき通した友井。


最後の謝罪会見もファンとメンバーを裏切る形となり、ますます人間性が問われる問題となりました。


A子さんの最近の様子として「事件の傷を癒やそうと日々平穏に暮らしていたところを、突然の週刊誌報道によって、現在、外出もできず、仕事はもちろんのこと心身の故障により日常生活に支障を来している状態です」としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です