【前代未聞】生活保護受給者とケースワーカーが女性の遺体を遺棄

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

集合住宅の駐車場で腐敗した女性の遺体が見つかる

 

11日午前11時すぎ、京都府向日市上植野町藪ノ下のアパートで「2階の部屋から異臭がする」と近隣住民から警察に通報があり、警察官が駆けつけたところ、アパートの駐車場で、全身を白いビニールテープで巻かれた女性の遺体を発見しました。

 

参照:JNNニュース

 

警察は、この遺体を遺棄したとして、同じアパートの1階に住む職業不詳の橋本貴彦容疑者(55)と向日市役所地域福祉課の余根田渉容疑者(29)の2人を逮捕しました。

 

参照:JNNニュース

橋本容疑者は生活保護を受給していて、余根田容疑者は橋本容疑者を担当するケースワーカーだということです。

遺体を2人で運ぶ

 

警察の取り調べに対し、2人は容疑を認めていて、遺体を2人でアパートの駐車場まで運んだという趣旨の話をしているということです。

 

参照:JNNニュース

 

女性の遺体は成人。

かなり腐敗が進んでいるということです。

女性はこのアパート付近の住民か

 

2人が手で遺体を運んだと語っているということは、女性はこの付近に住んでいると思われます。

 

ケースワーカーとは生活保護受給者の世話をする職員。

生活保護をとめるも続けるもケースワーカーにかかっています。

 

橋本容疑者が主導したのか、余根田容疑者が主導したのかは今のところ分かっていませんが、ケースワーカーの余根田容疑者の方が立場的には上です。

 

おそらくこのアパートは生活保護枠で借りることができる家賃相場のアパートだと思われます。

この女性は生活保護受給者で、余根田容疑者が担当していて職務怠慢で訪問していないうちに亡くなっていて、パニックになってすぐみつかる駐車場に遺棄した・・・ような気がします。

(あくまで、個人的な推測です)

 

しかし、屋外の駐車場に遺体を遺棄すれば簡単に発見されるはずですが、なぜそこに遺棄したのかも謎です。

 

この前代未聞の、ケースワーカーと生活保護受給者による遺体遺棄事件。

 

警察の捜査が進むのを待つしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です