【北海道国道逆走男逮捕】60キロで国道を3キロ逆走し警察から逃走

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

北海道国道逆走男逮捕

 

北海道の国道を軽乗用車が逆走した事件で、道警は18日、道交法違反の疑いで鹿部町に住む自称漁師の男(53)を逮捕しました。

事件は、危険な逆走の動画がインターネット上に投稿されたことで注目を集めていました。

 

16日午後5時ごろ、七飯町の国道5号線で軽乗用車が逆走しました。
現場は片側2車線の幹線道路。



容疑者の男は速度違反の取締りがあり、警察に追われUターンして逆走して逃げたということです。


警察によりますと、軽乗用車は当初、札幌方向から函館方向へ下り坂を走っていました。

 

警察がスピード違反の取締りをしていたところ、軽乗用車はUターンして逆走を始めたということです。

 

参照:HBCニュース

捜査車両が追跡しましたが、反対車線を逆走して逃走。

 

当然ながら、普通に走行してきた車と何度も事故を起こしそうになりながら時速60キロくらいで逃げて行きました。

 

参照:HBCニュース

容疑者の男の軽乗用車は約60キロ。

対向車も約60キロですから、衝突した場合120キロの事故になります。

 

大事故に繋がる危険な運転です。

警察に捕まりたくない一心だと思われますが、あまりに身勝手で危険な行為です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です