【千葉県】上司の勘違いで怒鳴られデッキブラシで叩く‼︎両成敗では?

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

上司の勘違いで怒られデッキブラシで叩く


仕事中に注意を受けたことに腹を立て、デッキブラシで上司をたたくなどの暴行を加えたとして、千葉県は4日、43歳の男性職員を減給6か月とする処分を発表しました。


懲戒処分を受けたのは県南部の農林水産部出先機関に所属する43歳の男性職員とのことです。


去年8月に、屋外で仕事を終えた男性職員がほかの職員と座って次の作業について話していたところ、休んでいると勘違いした50代の男性上司から強い口調で「仕事中に何をやっているんだ」と注意を受けました。


これに対し怒った男性職員が上司の胸ぐらをつかみ、デッキブラシで左腕をたたくなどの暴行を加えたということです。


この、上司は去年9月、警察に被害届を提出していて、男性職員は傷害罪で罰金30万円の略式命令を受けました。


しかし、思いっきり叩かれて骨折でもしたならともかくデッキブラシですからたいした怪我は負っていないと思われます。


暴力はいけませんが、勘違いして怒鳴りつけた上司にも非があります。


この勘違い上司に、お咎めなしというのも納得できません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です