【半沢直樹】続編決定‼︎主演は堺雅人で「ロスジェネの逆襲」

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

ついに半沢直樹の続編が決定

 

ついにドラマ「半沢直樹」の続編が決まったようです。

 

「半沢直樹」といえば、13年7月に放送され、平均視聴率が28・7%、最終回は平成のドラマで最高の42・2%を記録。

 

続編の声はいままでになんども聞かれましたが、堺雅人が首を縦に振らず見送られてきました。

堺は途中NHK大河の「真田丸」でも主演。

おそらく、これだけの高視聴率を叩きだすと、イメージが定着していまうのを嫌って主演のオファーを断っていたというのが大方の見方でした。

来年4月の「日曜劇場」で放送予定

 

「半沢直樹」は来年4月の『日曜劇場』枠で放送される予定で、前作から約7年ぶりとのこと。

今回の「半沢直樹」の原作は、池井戸潤さんの『ロスジェネの逆襲』になるようです。

 

 

「ロスジェネ」は半沢が子会社の東京セントラル証券に出向してからの話になります。

ロスジェネ世代が無能なバブル世代に逆襲するというのがテーマ。

 

週刊女性によると、主演の堺雅人以外はまだ上戸彩、香川照之らが出演するかどうかはまだ決まっていない状態とのこと。

 

やっと、決まりそうな「半沢直樹」シリーズの続編。
 
TBSも満をじしてということになり、半沢ファンとしては是非とも実現させてほしい企画です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です