【嘱託殺人未遂】家に来たら殺してあげるよ‼︎男が中三女子の首を絞める

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

女子中学生が自分の殺害をSNSで依頼


インターネットのSNSに、自身の殺害を依頼する書き込みをした中学3年の女子生徒を殺害しようとしたとして、嘱託殺人未遂の疑いで神奈川県厚木市の派遣社員、足田好輝容疑者(43)が逮捕されました。


足田容疑者はインターネットのSNSに「私を殺してくれる人いませんか」という趣旨の投稿をした中学3年の女子生徒(15)に「家に来たら殺してあげるよ」などとメッセージを送信して自宅に招き、今月10日の夜から11日未明にかけて数回首を絞めて殺害しようとしました。


女子生徒は、その後逃げ出し、近くのコンビニから母親に電話して保護されたということです。


やはり、SNSに投稿はしてみたものの、実際に「死ぬ」となると怖くなったのでしょう。


足田容疑者は、

「首を絞めたのは間違いない。殺すつもりはなかったが、万が一、殺してしまえば自分も死ぬつもりだった

と供述しているということです。


足田容疑者も「自殺願望」をもった一人だったようです。


顔も知らない自殺したい人間同士が結びつくというところが、SNSの怖いところです。


女子中学生には。自殺したいという原因も含め「心のケア」が必要だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です