【大津中2自殺】いじめた同級生たちに賠償3700万円‼︎ほぼ満額勝訴

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

大津中2自殺に約3700万円の賠償命令


2011年10月に大津市の市立中学2年の男子生徒(当時13歳)が自殺し、生徒の両親がいじめの加害者とされる元同級生3人らに約3860万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大津地裁は19日、元同級生2人に約3700万円の支払いを命じました。


男子生徒は11年夏以降、元同級生3人から暴力を受けたり、蜂の死骸を口に入れられそうになったりするなどのいじめを受けたため自殺しました。


いじめは壮絶で、元同級生が体育館で男子生徒の手足を鉢巻きで縛り、口を粘着テープで塞ぐなどの行為を行いました。


また、元同級生の少年たちは、被害者の少年の家から貴金属や財布を盗んだりもしていました。


同級生の自殺後も反省をしない「いじめっ子」たち


被害者の少年が自殺した後も、加害者の元同級生らは自殺した生徒の顔写真に穴を空けたり落書きをしたりしていました。


また、法廷での尋問の際にも「あそびの延長」ということで、いじめを認めませんでした。


また、次のようなこともぬけぬけと話しています。


「男子生徒はいじられ役で嫌がっていなかった」


顔にペンで落書きをした行為についても、

「僕が(同じことを)されている立場なら、笑いが取れるのでおいしいと思う。屈辱だけだったと思っていない。(一連の行為で)身体的、精神的に傷つけた認識はない。」


また当時の元担任は男子生徒から「家に帰りたくないので野宿をしている」などと聞いたことをあげ、


「男子生徒は家族との関係で悩んでいたように見えた。友人関係で困っているとは感じなかった」と述べています。


このいじめた元同級生と元担任や教育委員会は、今でも悪いと思っていないと思われます。


また、加害者側の元少年たちはその後も悪さを続け、書類送検されています。


猛省して立派な社会人として歩んで欲しい


自殺した生徒の父親は今回の判決について


「画期的な判決で、こんな判決が出るとは思っていなかった」と涙で声を詰まらせて話していたそうです。


また加害者の生徒に対しては


「猛省した上で、立派な社会人として歩んで欲しい」と語りました。


この父親の気持ちが、いじめた元同級生たちに伝わることを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です