【女性の脚盗撮】川崎市職員を停職3月‼︎過去に痴漢で逮捕も停職1月

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

痴漢と盗撮の処分が軽すぎる川崎市


川崎市は29日、盗撮行為をしたとして、建設緑政局の男性技術職員(42)を停職3カ月の懲戒処分とし、男性職員は同日付で依願退職しました。


市の人事課によると、男性職員は昨年12月21日の夕方、藤沢市のディスカウントストアで、スマホを使って無断で女性の脚などを動画撮影したとされるています。


店員に見つかった後、藤沢署の取り調べを受け、盗撮行為を認めました。


男性職員は2017年7月に、電車内で女性の下半身を触ったとして県迷惑防止条例違反(痴漢)の疑いで現行犯逮捕されています。


その時の処分は、不起訴になったとはいえ停職1カ月の懲戒処分でした。


川崎市は、痴漢や盗撮に対する処分が軽すぎます。


また、名前を公表していないことから再犯の恐れもあります。


市として性犯罪者を野放しにしていること自体問題です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です