【定年間近の万引き警部補】容疑を認め釈放‼︎顔画像特定

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。


定年間近の警部補が万引きを認める


長岡市内のスーパーで菓子を万引きした疑いで逮捕された長岡署の警部補。


ずっと容疑を否認していましたが、一転容疑を認め釈放される見通しとなりました。


窃盗の疑いで逮捕された長岡署刑事一課岡田幸成容疑者(59)の身柄は、27日に新潟地検へと送られました。


参照:UX新潟テレビ21


送検される姿は、刑事には見えませんね。


岡田容疑者は、25日に長岡市内のスーパーで278円のピーナッツ1袋を盗んだ疑いで、警備員に現行犯逮捕されました。


その後、岡田容疑者は警察の調べに対し「その店で数日前に買ったもので盗んだものではない」と容疑を否認。


しかし、27日の新潟地検の調べに対して一転して、容疑を認めました。


検察で「正直にいえば懲戒解雇にはしない」とでも言われたのでしょうか。


新潟地裁は勾留延長をせず、岡田容疑者の身柄は釈放されることになりました。


あともう少しで定年退職ですから容疑を認め、「諭旨退職」くらいで退職金をもらい、ほとぼりを冷ますつもりではないかと思われます。


結局、余罪についてはこれから捜査するのでしょうが、おそらく出てはこないような気がします。


これ以上、警察としても恥をかくわけにはいかないでしょうから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です