【小室圭さん】NYは自分探しの旅‼︎弁護士になるとは言ってない

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

小室圭の弁護士が「弁護士になるとは言ってない」


2019年5月7日に放送された情報番組「バイキング」で、秋篠宮家の長女・眞子さまとの婚約延期問題を抱えている小室圭さんについての特集を放送。


この日、小室さんの最新の情報が紹介されました。

そこに小室さんの弁護士からのメッサージが。

スタッフが小室さんの弁護士から聞いた話として、


「(小室さんは)弁護士になるとは言っていません。彼は今ライフプランを作っている最中です」「メディアの方は勘違いしています。小室さんは弁護士資格の取得を目指していると言ってますが、弁護士になるとは言っていません。今彼がどんな仕事をするのかは決まっていません。例えば、どこかの企業に就職するとか、もしかしたら起業するかもしれない。少なくとも今から医者になるとか農業をやるとかは選択肢にはないですが」

「彼は今、ライフプランを作っている。アメリカでの3年間でさまざまな人と出会い、経験を得ている。彼自身の人生の視野を広げている最中」

J-CASTニュースから引用


確かによくよく考えれば、小室さん自ら弁護士になるとは語っていません。


現在、20代も半ばを過ぎ自分探しをしているとは誰も思わなかった展開です。


それも自分のお金ではなく、誰かが出したお金でです。


将来的に眞子さまと結婚したとして、結納金の1億5千万円でNYで何か事業をはじめるつもりなのでしょうか。


小室さんは一体何を目指しているのか?


小室さんの、コロコロ変わる状況に今後も目が離せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です