【山口達也】現在も入院治療中‼︎金銭問題がかなり深刻か?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

山口達也の事件の振り返り

 

2018年に世間を騒がせた、元TOKIOの山口達也さん(46)が酩酊(めいてい)した末に女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検された事件。

 

事件が起きたのは今年2月。

 

山口さんが司会を務めていたNHKのテレビ番組で知り合った女子高校生を東京都港区の自宅マンションに酒に酔った状態で呼び、無理やりキスをするなど、わいせつな行為を行いました。

 

4月に書類送検され、のちに起訴猶予となりましたが、事態を重く見たジャニーズ事務所は5月、契約解除を発表しました。

 

山口達也はいまだ入院中

 

山口さんは1月から飲酒による肝臓数値悪化のため入院しており、退院した当日の出来事でした。

(アルコール中毒の治療ともいわれています)

 

事件当時、焼酎1本を空けていたことも発覚し、深刻なアルコール中毒であることが浮き彫りとなりました。

 

山口さんは4月に謝罪会見した直後に入院。

 

その後いろいろな報道がありましたが、スポニチによると、事件から約8カ月たった現在も首都圏近郊の病院に入院しているということです。

 

双極性障害の治療がメイン

 

現在山口さんが、治療しているのは、うつ状態とそう状態を繰り返す気分障害の一つ「双極性障害」

 

5年以上前から、この症状に悩まされていたということが後に判明しました。

 

この双極性障害が過度の飲酒を引き起こした要因ともされ、早く治療していればと事件当時言われていました。

 

現在、山口さんは、自身の治療費用に加え、離婚した奥様に養育費も支払っています。

 

山口さんを知る人物は、収入は0で家族のサポートを受けながら暮らしているがいつまで持つか・・・と語っています。

 

自宅も売却して、金銭的に追い込まれている山口さん。

 

病気を克服する日はくるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です