【岡本規博院長】麻酔薬を女性に注射してわいせつな行為‼︎2度目の逮捕

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。


女性(29)に麻酔薬を注射してわいせつな行為をしたとして、愛知県警蒲郡署などは28日、準強制わいせつの疑いで、同県蒲郡市の「がまごおり中央クリニック」院長、岡本規博容疑者(48)を再逮捕しました。


参照:がまごおり中央クリニックHP


再逮捕容疑は昨年10月10日午後9時50分ごろ、蒲郡市内の駐車場に止めた自家用車内で、患者だった女性に麻酔薬を注射して、わいせつな行為をした疑いです。


岡本容疑者は、昨年の12月に、一方的に好意を持った20代女性の会社員の夫(33)に電話で「ぶち殺すぞ」などと脅したとして逮捕されています。


この時の逮捕容疑は、11月12日午後8時ごろ、自身が経営する「がまごおり中央クリニック」で病院の患者だった女性に電話した際、電話しないよう注意した夫に「おまえらの会社、ぶっつぶすなんて簡単なんだよ」などと脅した疑いです。


がまごおり中央クリニックの住所は『愛知県蒲郡市竹谷町浜田10-2 』


HPがまだ閉鎖されていないところをみると、未だ営業していたようです。


今回の「麻酔薬の注射」は、本来の医師業務に関わることであり、これで医師免許の剥奪はほぼ確定だと思われます。


岡本容疑者は、「脅迫」以外にも麻酔薬の注射をして女性にわいせつな行為をしていたとは・・・医師としても人間としても失格です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です