【岩崎隆一】伯父夫婦と3人暮らし‼︎複雑な環境で育った変わった子供

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

岩崎隆一は高齢の伯父夫婦と3人暮らし

 

川崎市多摩区で28日に起きた無差別殺傷事件で犯行後に自らを刺して死んだ岩崎隆一容疑者は、川崎市麻生区の住宅街の一軒家で高齢の伯父夫婦と3人暮らしだったことが判明しました。

 

近所とトラブルを起こすことも頻繁にあったようです。

 

岩崎容疑者は、小学校入学前後にに引き取られてきたといい、近隣住民には「複雑な境遇で育った子」として知られていたとのこと。

 

幼少期に、他人の家に勝手に入り込み、金魚鉢をのぞくような変わった子だったとの証言もあります。

 

近隣住民によると、10代後半で家を出たが、近年、また家に戻っていたということです。

 

30年近く何をして暮らしていたのか不明です。

 

いまだ顔写真が出ていないところを見ると、刑事責任が問えない精神的病いを持っている可能性があります。

 

【岩崎隆一】伯父夫婦と3人暮らし‼︎複雑な環境で育った変わった子供 【川崎登戸刺傷】犯人『岩崎隆一』は怒りっぽく家にいない?自宅も特定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です