【島田紳助】引退して7年‼︎「M-1上沼騒動」でついに動きだすか

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

島田紳助「M-1」騒動を語る

 

島田紳助氏(62)が芸能界を去って7年。

とろサーモン久保田かずのぶ(39)、そしてスーパーマラドーナの武智(40)が暴言を吐いた上沼恵美子氏(63)について、週刊新潮は先週号で、上沼氏を無理やり島田紳助が口説いて審査員を頼んだというエピソードを紹介しました。

 

M-1グランプリを企画し、初回から大会委員長として審査員も務めていたのが、紳助氏。

 

そのため、今回の上沼氏に対する暴言をこのまま見過ごせないということのようです。

 

スポンサーリンク

上沼氏に申し訳ない

 

現在の紳助氏は、髪を肩にかかるほど伸ばしているということです。

 

そして週刊新潮の記者に対して、「上沼さんに申し訳ない」と語ったというのです。

 

芸能界を引退してから、M-1も見ておらず、上沼氏とも連絡をとっていなかったという紳助氏。

 

紳助氏は、そもそも審査員は、誰もやりたがらない、と語っています。

 

安いギャラで、今回のように審査にケチをつけられるのを、みな嫌うそうです。

 

それにもかかわらず、上沼氏が審査員を続けてきたのは、「漫才への恩返し」なのだと説明しています。

 

しかし、芸能界を去って7年も経つと、「とろサーモン」も「スーパーマラドーナ」も紳助氏は知らないため、吉本が間に入らないと収集がつかないとも話しています。

 

ついに7年ぶりに紳助氏が動き出すかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です