【心愛さん】父親の数々の虐待発覚‼︎死因は顔面にシャワーかけ続け溺死か

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

栗原容疑者の数々の虐待が発覚


千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が1月24日に自宅浴室で死亡した事件で、6日に傷害致死罪などで起訴された父親の勇一郎被告(41)が心愛さんの死亡した当日に加えた暴行の詳細が起訴状などで明らかになったと報じられています。


起訴状には


・勇一郎被告は心愛さんが死亡する2日前から妻のなぎさ被告(32)に食事を与えないよう指示し、心愛さんを飢餓状態にさせた。


長時間、肌着のまま居間や暖房のない浴室に立たせ続け、十分な睡眠を与えなかった。


・心愛さんが死亡した1月24日の午後1時ごろからは、既に肌着が水でぬれていた心愛さんに「5秒以内に服を脱げ」と命令し、「5、4、3、2、1」とカウントダウンした上で頭からボウルに入った冷水を数回浴びせかけた。


・「シャワーで流せよ。お湯じゃないだろう」などと言って体に冷水シャワーをかけた。


・居間の床にうつぶせに寝かせた心愛さんの背中に座り、両脚をつかんで体を反らせるなどの暴行を加えた。


・心愛さんが寝室に入ろうとすると、「なんでいるの。駄目だから」と叱り、「ちょっと来い」と浴室に連れ込み、シャワーの冷水を顔面にかけ続けた。


そして、心愛さんはこの日死亡したとみられています。


心愛さんの死因は現在まで判明していませんが、検察では心愛さんが長期間の虐待で、強いストレス状態にあったこともその死に影響したとみています。


ご飯も与えられず、寝られず、冷たいシャワーをかけられ続ければ大人でも死んでしまいます。


10歳の子供ならなおさらです。


いまだに反省の色を見せていないとされる栗原被告。


これが「しつけ」といえるのでしょうか。


どうみても、子供をいじめて楽しんでいるようにしかみえません。


心愛さんは、母親にも裏切られ、心も体もさぞ苦しかったでしょう。


冥福を祈るしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です