【志村動物園】『イッテQ!』のヤラセが波及‼︎ハイジの能力が胡散臭い

日テレのヤラセ疑惑が波及

 

日テレは『世界の果てまでイッテQ!』のヤラセ騒動以来、今や各番組に疑いの目が向けられています。

 

11月18日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』にも「疑惑の目」が向けられました。

 

人の心理としては、今まで「アレッ」と思っていても、テレビで放送しているくらいだから「そういうものか」と無理やり自分を納得させていた企画も、今や「胡散臭い」に変わってきています。

 

この時期に、できるだけ怪しい企画は避るべきだったのに、『天才!志村どうぶつ園』で、11月17日放送の、名物企画『動物と話せる女性ハイジ』の2時間SPが「怪しい」とネット上で物議を醸しています。

 

スポンサーリンク

アニマルコミュニケーター「ハイジ」

 

ハイジとは、アメリカ・カリフォルニア州出身の女性。

 

参照:日テレHP

 

すべての動物と心を通わせることができるとされる人物です。

 

現在、『アニマルコミュニケーター』として世界21カ国で活躍しており、その力に全米から依頼が殺到しているということですが・・・。

 

この「アニマルコミュニケーター」とは、動物たちの気持ちを理解する技術を習得した者に与えられる認定資格。

 

動物の気持ちを飼い主に代弁することで、ペットと人間をつなぐ役割を担い、良好な関係を築くことをサポートするとしています。

 

この資格は、日本国内にも講座や専門学校が存在しており、世界中でれっきとした『職業』になっています。

 

しかし、世界中で「信用できない…」「ウサンくさい」という意見も出ています。

 

私は前から胡散臭いなあと思っていましたが、テレビが企画するくらいだから、本物?とずっと思って観ていました。

 

最後は、動物の本音を語るハイジの言葉に、「涙」が溢れます。

 

ハイジは別格の「アニマルコミュニケーター」?

 

ハイジはこの「アニマルコミュニケーター」の中でも特別な能力を持った存在です。

 

驚いたことに、動物に直接会わなくても心理を読み取れるという特殊能力を持っているそうです。

 

写真や映像を見ただけで、その動物の過去がイメージできるというのです。

 

これは、昔からある「死んだ人の写真から全てがわかる」というパターンです。

 

ハイジが亡くなったペットの写真から「ペットが飼い主をどう思っていたのか?」を語るという企画が以前からありました。

 

今回の番組では、ハイジの経歴を紹介し、彼女は子どものころから動物の声を理解できたとのこと。

 

さらに、動物の過去は『テレパシー』で知ることができたと、にわかには信じがたい体験も、日テレはそのまま放送してしまいました。

 

この能力についての説明は前からありましたが、『イッテQ!』のヤラセが発覚してからは、かなり胡散臭く感じます。

 

この「設定」は、宜保愛子、織田無道と過去に出てきた霊能者と似ています。

 

今まであまり疑問も持たずにテレビを観てきましたが、この能力が「うそ」ならまたヤラセになります。

 

特に動物は話せませんから、ある程度適当なことを話しても飼い主には分かりません。

 

今度は、ハイジの能力の「検証番組」をヤラセなしで日テレはやるしかないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です