【快楽に負ける】滋賀県警部が勤務中に出会い系‼︎減給10%は妥当⁉︎

要点をざっくり

  • 職務時間に出会い系サイトで知り合った女性と不適切な交際を重ねた滋賀県警の警部。
  • なんと、勤務中に公用車を使用し計7回、7人とそれぞれ1~2時間程度会っていたということです。
  • それで、下された処分が6ヶ月間の10%の減給ということですが、何か納得できません。

滋賀県警の警部が勤務中に出会い系

 

朝日新聞によると、職務時間に出会い系サイトで知り合った女性と不適切な交際を重ねたとして、滋賀県警は26日、県警本部に勤務する男性警部(50)を10%の減給(6カ月)の懲戒処分にしたと、発表しました。

 

警部は既婚者で、「サイトを見て女性と会うのが楽しくなり、快楽を求めてしまった」と話しているということです。

 

県警は警部の情報を一切明らかにしていません。

 

監察官室によると、警部は2014年~今年6月ごろ、サイトで知り合った十数人の女性と県内や京都市内のホテルで会っていた。そのうち職務中だったのは17年2月末~今年6月末の7回。計7人とそれぞれ1~2時間程度会っていた。公用車で出掛けて女性を乗せることもあり、一部の女性には1万5千円前後を渡していたという。

朝日新聞より引用

 

勤務中に公用車を使えるということは、かなり立場の上の人間だろうと思われます。

 

スポンサーリンク

発覚は内部通報

 

この警部の勤務中の出会い系サイトの使用と不適切な交際は、7月に内部通報で発覚しました。

 

県警は、警部を減給100分の10(6ヵ月)の懲戒処分にし、今後、勤務中に会っていたことの裏付けができた給与など7万円ほどを返還するよう求めることにしているということです。

 

ネットで調べると警部クラスの月給は、43万円くらいのようです。

 

ざっくりですが、この10%の6ヶ月分だと約25万円です。

(基本給だけなのか、ボーナスも入るのかは不明ですが)

 

それと7万円・・・足すと32万円。

 

おそらく30万円〜40万円くらいではないかと思われます。

 

酒気帯び運転の罰則が、「50万円以下の罰金」ですから、それよりも軽いとは。

 

民間の会社なら

 

これは民間の会社ならいわゆる「懲戒解雇」になるのでは?と思って調べましたが、この警部は職務怠慢であり、懲戒解雇まではできないようです。

 

参照:滋賀県警HP

 

滋賀県警では、自ら「出会い系サイト」への警鐘をHPに載せています。

 

減給10分の1が正しいのかどうかは別として、民間の会社でも懲戒処分どまりみたいです。

 

この出会い系サイトが違法なものであれば別ですが、やっている行為自体には違法性がなかったと考えられます。

(モラルの問題は別として)

 

しかし、下っ端の警察官なら、懲戒処分からの・・・・依願退職が普通です。

 

依願退職しないということは、裏で何かの取引が行われた可能性もあります。

 

また、この警部の上司にあたる50代の男性警視については、監督責任があったとして本部長訓戒の処分にされています。

 

これから心配されるのは、内部通報者がこの警部と警視の仕返しにあうことですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です