【指原莉乃】ついにHKT48卒業を発表‼︎平成のギリギリまでアイドルで

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

指原莉乃ついに卒業を発表

 

2018年12月15日、HKT48のワンマンライヴ「HKT48コンサート in 東京ドームシティホール~今こそ団結!ガンガン行くぜ8年目!~」が東京ドームシティホールで開催されました。

 

この公演は、韓国と日本の合同ガールズユニットであるIZ*ONE(アイズワン)に専任することになった、宮脇咲良さんと矢吹奈子さんが参加する最後のワンマンライヴ。

 

そのステージで、ついに指原莉乃さんがHKT 48からの卒業を発表しました。

 

 

指原莉乃が涙で「ずっと考えていた」

 

そのワンマンライヴのアンコールで、指原莉乃さんが涙ながらに「ずっと考えていた」と卒業を発表しました。

 

 

指原さんは、4月28日に横浜スタジアムで卒業公演を行い、その後の5月28日に福岡マリンメッセで大感謝祭を行うことも発表。

 

これで、さっしーもついに独り立ちです。

 

しかし、指原さんのトーク力と回転の早い頭があれば、これからもバラエティー番組などで活躍できることは間違いありません。

 

指原莉乃さんの経歴

 

指原さんは2007年10月、AKB48第5期研究生オーディションに合格し、翌08年3月に劇場デビュー。

 

同年10月発売の10thシングル「大声ダイヤモンド」で初選抜入りしました。

 

2012年5月にはソロデビュー。

 

順調にアイドルの階段を上っているかに見えましたが、6月に『週刊文春』でスキャンダルが報じられ、6月16日にHKT48へ完全移籍しました。

 

その時に、「付き合う人は口が堅いひと」という名言を残しています。

 

しかし翌年の『AKB48選抜総選挙』では初の1位となり、以降、2015~17年の3年連続を含めて史上最多4度の1位に輝きました。

 

そして、ファンとの約束の「さしこ100%」を披露するなど、ファンサービスにも定評がありました。

 

参照:ツイッター

 

最近では、バラエティー番組などでの活躍が目覚ましく、テレビにはなくてはならない地位を確立しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です