【新井浩文】当時自宅で飲酒‼︎下半身の施術を要求し断られ逆上か?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

新井浩文容疑者が「好みのタイプ」と供述


東京都世田谷区の自宅で昨年7月、派遣型マッサージ店の30代女性従業員に性的暴行をしたとして、強制性交の疑いで逮捕された俳優の新井浩文容疑者(40)が、女性従業員について「好みのタイプだった」などと供述していることが分かりました。


このマッサージ店は登録制で、事前に「性的サービスは禁止」と伝えて同意書へのサインを求めており、新井容疑者は昨年3月に初めて店を利用した際に同意書に署名していました。


新井容疑者のマッサージ好きはかなり有名だったようです。


スポンサーリンク

下半身の施術を要求し断られ逆上


新井容疑者は、事件当日が4回目の利用で、女性従業員はその日初めて派遣されたということです。


この女性従業員は、新井容疑者が俳優だとは知らなかったようで、マッサージを受けている途中で、下半身の施術を要求され、断ると新井容疑者が無理やりに乱暴したということです。


女性はその日のうちに、世田谷署に被害を相談し、昨年8月下旬に被害届を提出しました。


女性は、既にこのマッサージ店を辞めています。


当時一人で自宅で飲酒


新井容疑者の送検容疑は昨年7月1日午前2時ごろ、女性従業員の頭を押さえつけるなどの暴行を加え乱暴した疑いですが、新井容疑者は容疑を一部認める一方で「押さえつけてはいない」などと一部容疑を否認しています。


さらに、新井容疑者は、当時、1人で自宅にいて酒を飲んでいたことが判明しています。


元TOKIOの山口達也といい、酒にまつわるこの手の事件はなかなか後をたちません。


新井容疑者は、週明けにも所属事務所を解雇される見通しであることも報道されており、これまで出演したテレビ・映画などに与える影響も懸念されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です