【日本レコード大賞】司会の土屋太鳳頼り‼︎平成で最後の声も

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

日本レコード大賞は時代遅れ

 

2018年の音楽界を代表するアーティストや楽曲に送られる『第60回輝く!日本レコード大賞』が、12月30日午後5時30分からTBS系で放送されます。

 

今年は例年より放送時間を拡大。

 

予想ではDA PUMPの『U.S.A.』がレコード大賞の本命といわれていますが、外国曲の吹き替え曲は大賞を取れないという「決まり」があります。

 

今年の番組進行役となる総合司会は、TBSの安住紳一郎アナウンサーと女優の土屋太鳳さんが務めることが発表されています。

 

安住アナは2012年から7年連続7回目、土屋さんは初司会ということです。

 

しかし、それほどこの年末恒例の歌番組に興味を持っている国民がいるでしょうか。

 

もうCDさえもなくなっているこの時代に、レコード大賞というのも如何なものかと言われています。

 

今年、土屋さんの司会でも視聴率が悪ければ、FNN歌謡祭的な歌番組にすべきとの局からの意見も出ているということです。

 

私が小さい時には、レコ大をみて紅白をみるのが定番でしたが、それもレコ大が30日になった時点で崩れています。

 

レコ大が平成で最後になるかも見所かもしれません。

 

参照:ツイッター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です