【時間の無駄だ】市職員に包丁を振り回した大学教員の顔‼︎家庭内DVか

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。


神奈川県藤沢市に住む大学教員・棟尾(むねお)正敏容疑者(57)が、27日朝、公務執行妨害の疑いで、逮捕・送検されました。


参照:JNNニュース


棟尾容疑者は25日午前10時前、自宅を訪れた藤沢市の職員の男性(46)に、包丁を振り回しながら「ぶっ殺すぞ」などと脅迫した疑いがもたれています。


男性が棟尾容疑者の家族のことで話をしに来たところ、棟尾容疑者が台所から包丁を持ち出し、玄関先で「時間の無駄だ、出て行け」などと言ったということです。


棟尾容疑者は「包丁を振り回したことは間違いない」と容疑を認めています。


棟尾容疑者の勤務している大学


棟尾容疑者の勤務している大学は、おそらく「法政大学」だと思われます。


法政大学の生協で、『棟尾正敏』という教員のラテン文法の教科書が売られています。


<講義名>ラテン語1<教員名>棟尾 正敏
<必要度>教科書<書名>標準ラテン文法

法政大生協HPより引用


また、ネットでもある程度特定されています。


参照:ツイッター


市の職員が棟尾容疑者の家族について聞き取りをするため訪問したところ、棟尾容疑者は「家族のことなど話しても無駄だ」と逆上したということですから、家族から市に通報があったものと思われます。


普段から家で暴れていたとしたら、家庭内DVです。


包丁を振り回した時点で、教員としてあるまじき行為であることは確かです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です