【暴走老人】80歳夫が別居中の妻を火あぶりに‼︎全身火傷の重体

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

80歳の夫が79歳の妻を火あぶりにして殺そうとする


妻に火をつけて殺害しようとしたとして、金沢西署は18日、金沢市粟崎町3丁目の無職宮原正篤容疑者(80)を殺人未遂の疑いで逮捕しました。


宮原容疑者は「やけどさせようとしたが、殺すつもりはなかった」と容疑を否認しているということです。


同署によると、宮原容疑者は18日午後2時20分ごろ、同市大野町4丁目の空き地で妻のます子さん(79)に油のようなものをかけて火をつけて殺害しようとしました。


ます子さんは全身にやけどを負い、市内の病院に搬送されましたが、意識不明の重体です。


2人は別居中


2人は別居中でお互いに一人暮らしでした。


近くに駐車していた軽乗用車内にいた宮原容疑者は「車内でもめたので油をかけて火をつけた」と話しており、車内から油が入った金属製の缶が見つかりました。


宮原容疑者も右足にやけどを負っていいます。


車に油を積んでいる自体、初めから妻のます子さんに火をつけて殺害するつもりだったと思われます。


宮原容疑者は、「キレやすい」「奇妙な行動に突っ走る」、まさしく「暴走老人」の典型です。


それにしても、妻に油をかけて火をつけるとは・・・いくら老人でも許されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です