【札幌僧侶遺体遺棄】精神鑑定の結果不起訴‼︎悔やまれる妻子の死

妻子を殺害した僧侶吹不起訴

 

ことし8月、札幌市豊平区で妻と長男の首を絞め殺害し、遺体を切断したなどとして逮捕された男が不起訴処分となりました。

 

この男は、札幌市豊平区の僧侶・長岡雅人(60)。

 

【札幌僧侶遺体遺棄】遺体の首と胴を切断‼︎頭に電波が飛んできている⁉︎

 

今年の8月に自宅で妻と長男の首を絞めて殺害した上で、2人の首を刃物で切断したなどとして殺人などの疑いで逮捕・送検されていました。

 

札幌地検は長岡被告について、刑事責任能力の有無を判断するため鑑定留置していたが、7日付で不起訴処分にしたと明らかにしました。

 

殺人の動機が不明瞭で、電波が飛んでくるとか誰かが命令したとか、事件当時からの供述がかなりおかしかったです。

 

私はおそらく統合失調症か何かかと思っていましたが、刑事責任能力が問えないほど重症とは。

 

早く治療していれば、奥様と長男の命が亡くなることはなかったのにと悔やまれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です