【札幌爆発】アパマン住民説明会で全額負担を検討?住民側は納得せず

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

「アパマンショップリーシング北海道」が初めての住民説明会を開催

 

札幌市豊平区平岸の爆発事故で、アパマンショップ平岸駅前店の運営会社「アパマンショップリーシング北海道」が22日夜、初めての住民説明会を同区で開きました。

 

住民説明会の終了後、佐藤大生社長らが報道陣の取材に応じ、被害補償について原状回復に必要な費用の全額を同社が負担する方向で検討していることを明らかにしました。

 

この説明会は現場のすぐそばにある15階建てマンション「ファミール平岸」の住民が対象で約80人が参加。

 

報道陣には非公開でした。

 

スポンサーリンク

具体的な説明ができず

 

佐藤社長や同社代理人の中村隆弁護士の説明では、全42世帯のほぼ全てで窓ガラスの破損やサッシのゆがみなど、何らかの被害が生じているということです。

 

 

説明会では、佐藤社長が謝罪し、補償の手続きや補修工事のスケジュールを説明の上、復旧費用を全額負担する方向で検討し、休業補償など法的に認められる補償範囲は全てカバーする考えを示しました。

 

しかし、具体的な補償金額やその回答期限を住民に示すことができず、質疑は約2時間に及んだということです。

 

事故原因や経緯の説明もしていないと報じられています。

 

このような場合、「アパマンショップリーシング北海道」が全額負担するといっても賠償保険から出るものと思われます。

 

保険に加入しているか否か、保険に加入しているのならそれで出ない部分を同社が負担すると具体的に説明をしないと分かりません。

 

また、住民がマンションに住むためにガラスを張り替えないと寒いでしょうし、ガラスも飛び散っているようですから早急な応急処置が必要です。

 

事故現場の近くに相談窓口を設けたのはいいのですが、具体的な補修作業を行なっていません。

 

また、事故の経緯の説明がないなど、隠し事をしながら進めているため、住民も納得しません。

 

住民説明会を開くなら、もう少し自分の手の内を見せて具体的にどうのように進めるか詰めてから望むべきだと思います。

 

佐藤社長は「まだ納得いただけない内容だった」と語っていますが、これで被害にあった住民が納得するわけはありません。

 

すべてが具体性に欠けているのは?

 

前回の謝罪会見もそうですが、何かを隠しながら大枠の説明をしているため具体的な事故への対応が見えてきません。

 

テレビでこの会社の役員もインタビューされていましたが、第三者的な話し方のため誠意も感じられません。

 

佐藤社長は、他の被害にあったところには、個別に訪問して対応すると語っていますが、同じように具体策を持たずにただの謝罪の訪問なら、また怒りをかうだけなのでやめたほうがいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です