【札幌雪まつり】世界で最初‼︎「SWエピソード9」の巨大雪像完成

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

札幌雪祭りで『スター・ウォーズ/エピソード9(仮題)』の巨大雪像完成


3日、映画『スター・ウォーズ』シリーズ新三部作の最終章『スター・ウォーズ/エピソード9(仮題)』の公開を記念した巨大雪像「白いスター・ウォーズ2019」の披露イベントが、第70回さっぽろ雪まつりの会場となる、札幌市中央区の大通公園で開催されました。


さらに、同作の日本公開日が12月20日に決定したことも発表されました。


参照:オリコンニュース


世界初の『エピソード9』関連イベントとなった会場には、新三部作を代表する悪役カイロ・レンが、ストームトルーパーを伴って登壇し、会場に集まった約200名のファンが歓声で迎えました。


「白いスター・ウォーズ2019」は、高さ15メートル、幅24メートル、約3,000トンの雪を使用した巨大像。


ハン・ソロの愛機ミレニアム・ファルコンを背景に、C-3PO 、R2-D2、BB-8といった人気キャラクターに加え、前作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)に登場したポーグの姿も見ることができます。


目玉は像の左下に設置された戦闘機Xウイングで、実際に見物客が乗ることができる設計。


この大雪像は、制作期間は約1ヶ月。


作業に関わった人数は3000人という大作です。


それも、ルーカス・フィルムの厳しい監修のもと制作された難易度の非常に高いものです。


今日から開催される、札幌雪まつりの雪像の目玉のひとつです。


札幌の街は雪まつりを見に来た観光客でごった返します。


札幌の冬が活気づく1週間のはじまりです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です