【松本人志】指原への「体を使って」発言が物議‼︎BPO案件と批難の声

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

ワイドナショーで指原がNGT問題について言及


松本人志(55)が1月13日に放送された「ワイドナショー」で、指原莉乃(26)に「体を使って何とかすれば」という趣旨の発言をしたことが、問題となっています。



NGT48・山口真帆(23)への暴行事件について番組が取り上げている時に、指原は今回の事件について「運営のすべての対応が酷かった」といい、運営の防犯対策についても「すべてが軽いように思います」と疑問視するコメント。


また自身もファンからのストーカー被害を経験しており、「何もされなかったがとても怖かった」と当時を回想していました。


参照:指原莉乃ツイッター


もっとハゲを置いたら


松本が、指原の真剣な口ぶりを茶化すように「現場の人間が若すぎる。もっとハゲを置いたら」と発言し、指原は「そんなのじゃ解決しません」と否定。


すると古市憲寿(34)から「引退するんだし、運営のトップに立てば?」という提案が出ますが、指原は否定し「トップに立つのは現状として偉い人。その人たちが仕切っても、何も出来ない状況がある。私が立っても何もできないと思う」と発言。


それに対して松本が


「それはお得意の体を使って、何とかするとか」


「何言ってるんですか……」と指原は絶句したが、そんな指原を尻目に、松本は1人で爆笑。


また東野幸治(51)と古市も場をフォローするが、その声は笑っていた・・・というシーンが物議を醸しています。


ツイッターで批難の声が殺到


若い女性が狙われた暴行事件を取り上げているさなかでの、松本の「体を使って」発言に、Twitterでは非難の声が殺到しています。


NGT48の山口への暴行については、かなりファンも神経質になっています。


松本の「体を使って」の意味は、いわゆる「枕営業」を連想させるもので不適切な発言であったのは否めません。


また、『ワイドナショー』は収録番組なので、このシーンをカットせずに放送した、フジテレビもその責任を問われるべきではないかという声も上がっています。


この松本の発言を「セクハラ」として、BPOに訴えるというツイートも散見されています。


現在、松本も指原もコメントを出していません。


「体を使って」という発言の意味について改めて釈明しないと、別の事件に発展しそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です