【横浜通り魔】すれ違いざまに女性を刺す‼︎犯人は黒いパーカーの男か⁉︎

この事件の要点をざっくりいうと

  • 11日午前3時半ごろ、横浜市神奈川区大口通の商店街で「路上に血だらけで倒れている女性がいる」と、119番通報がありました。
  • 通り魔に刺されたのは、近所に住む会社員・弘瀬亜結さん(34)。
  • 現在、犯人の男は逃走中です。

横浜市の大口通り商店街で通り魔

 

11日午前3時半ごろ、横浜市神奈川区大口通の商店街で「路上に血だらけで倒れている女性がいる」と、新聞配達中の男性から119番通報がありました。

 

女性は男とすれ違いざまに、刃物のようなもので背中を刺されたとみられ重傷を負っていますが、命に別状はないということです。

 

発見者の男性によると、女性は裸足で「痛い、助けて」と男性に助けを求めたとのことです。

 

そして、背中からは音が聞こえるくらい「シュ、シュ」と血が吹き出ていたと語っています。

 

参照:JNNニュース

 

搬送時に意識のあった女性は「見知らぬ男に刺された」と話しており、神奈川県警捜査1課は、通り魔事件の可能性があるとみて、殺人未遂容疑で男の行方を追っています。

 

県警によると、刺されたのは近所に住む会社員・弘瀬亜結さん(34)。

 

同課は現場付近の防犯カメラの映像を解析して調べています。

 

スポンサーリンク

通り魔のあった現場

 

通り魔のあった現場は、JR大口駅から約400メートルの地点です。

 

約400メートルのアーケードが続く「大口通商店街」の中心付近で、事件が起こりました。

 

住所:神奈川県横浜市神奈川区大口通7

 

参照:Googleマップ

 

神奈川県警によると、事件発生当時は商店のシャッターも下りており、周囲に営業中の飲食店もなかったということです。

 

近くで商店を営む女性は警察が防犯カメラを解析したのか、聞き込みにきた刑事から『黒いパーカーを着た男が国道15号方面に去っていった』と聞いたとのことです。

 

この通りは夜は電気も消えて真っ暗。

 

刺された女性は、帰宅途中だったとのことです。

 

通り魔はいまだ逃走中

 

この通り魔と思われる男は、事件発生から16時間以上たった今も逮捕されていません。

 

乗り物が確認されていないことから、近所に住んでいる可能性もあります。

 

この大口通商店街は、戦前に起源があり、約400メートルにわたって約90店が軒を連ねる市内でも有数の歴史と規模がある商店街です。

 

数年前に防犯カメラを増設しており、防犯面の対策はしっかりしていると商店街の役員の男性は語っています。

 

しかし、真っ暗なところで、黒いパーカーのフードで顔を隠していたとしたら、防犯カメラにこの男の顔が映っているかは分かりません。

 
12日に商店街で予定されていた、近隣の小学生の体験学習も、この事件を踏まえ延期する措置が取られました。
 
 
明日は集団登校と集団下校の指示が、小学校から出るものと思われます。
 
 
この「通り魔」が捕まらない限り、住民の不安な日々は続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です