【沢尻エリカ】クスリ調達役とされた人物の写真と正体。「最強女子会」とWOMB関係者があぶない

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 

週刊文春でクスリの調達役で沢尻の憧れの存在とされたA子。

 

このA子の正体は、沢尻が属していた「最強女子会」のボスでもありました。

 

週刊文春でクスリの調達役とされたA子

 

『週刊文春』が、クスリの調達役とされたA子が、イベントで沢尻にコカインを吸引するよう促し、沢尻は「いただきます」と言って鼻から一気にコカインを吸入したと報じています。

 

このA子とは「MIO SASAKI」のことだと思われます・・というかクスリは別として「MIO  SASAKI」で間違いないです。

 

「MIO SASAKI」がA子である根拠

 

・A子は沢尻が逮捕される直前に、クラブW(渋谷WOMB)でのイベントを主催した人物でもあるとのこと。

 

・沢尻が逮捕されたとたん沢尻との写真をすべて削除しインスタグラムやツイッターは非公開にした。

(現在インスタとTwitterは非公開)

 

・夫は有名DJでSNSを非公開にした。

 

 

沢尻が逮捕された前日に参加していたWOMBのイベントです。

 

有名DJの夫もSNSを非公開に

 

「MIO SASAKI」のFacebookを見ると夫と写っている写真があります。

 

参照:MIO SASAKI Facebook

 

右の人物が夫のようです。

 

外国人で有名なDJです。

 

MIO SASAKIとは

 

東スポによると、沢尻容疑者が逮捕されるまでインスタグラムやツイッターでは沢尻容疑者と映っている女子会の写真などを誇示するかのごとく複数掲載していましたが、逮捕された途端全て削除。

 

参照:MIO SASAKI インスタグラム

*沢尻の隣がMIO SASAKI

 

「最強女子会」と名付けられた集まりで「美味しいお鮨やお料理と、ホストクラブかってくらいに絡んでくる最高な大将w それにぶっちゃけガールズトーク 良き夜でした」と書かれている。

東スポから引用

 

本当にクスリの調達役であったかどうかは、週刊文春とフライデーの記事からの情報だけで現在は不明です。

 

「MIO SASAKI」の正体

 

またMIO SASAKIの正体について

1990年代に若者を中心に流行した『渋谷系(音楽)』の流れでしょう。その時代、サークルなどを通じて渋谷を仕切っていた人たちがいる。ある人はそこから成り上がり、ある人はクスリで捕まったり、消されている。A子の人脈を調べると、渋谷系の顔役だった人たちにブチ当たる

東スポから引用

 

渋谷で昔あったサークルから、音楽イベンターになった人物のようです。

 

旧姓は「TAKAHASHI」。

 

クスリに関係しているかどうかは、今のところ週刊誌の報道でしか分かっていません。

 

沢尻と交際相手のデザイナーの横川直樹、金融トレーダーの吉澤和真と3人の逮捕者を出したWOMB。

 

MIO SASAKIがクスリで逮捕されるかどうかは警察での沢尻の自供にかかっています。



「沢尻エリカ」MDMA以外の違法薬物も使用か。交際相手のNAOKIも捜査。クラブは「WOMB」⁉︎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です