【海自の男女3隊員】当直中にみだらな行為?乱れた行為を繰り返す

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。


海上自衛隊の隊員が当直中にみだらな行為


当直勤務中にみだらな行為を繰り返したとして、海上自衛隊下総教育航空群司令部(柏市)は4日、下総航空基地隊などに所属する20~50代の男女隊員3人を停職処分にしたと千葉日報が報じています。


停職処分を受けたのは2017年8月まで下総航空基地隊に所属していた50代の男性1等海曹(停職30日)と、ともに同隊所属の30代の男性2等海曹(同12日)、20代の女性海士長(同30日)の3人です。


現在、男性1等海曹は別の部隊に勤務しているとうことですが、処分されている女性は一人です。


50代の男性1等海曹は2017年2~8月ごろ30代の男性2等海曹は16年11月~17年9月ごろ、それぞれ当直勤務中に、部下の女性海士長と複数回にわたり、基地の中にある建物内でみだらな行為を繰り返したとされています。


同僚隊員からの情報提供で発覚。


1等、2等海曹は既婚者で、女性海士長については明らかにしていません。


ネットでは、時期が被っているのと女性が一人なのが・・・・となっています。


これでは、日本の海上の安全を守れるはずもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です