【生活保護費詐欺】79歳の男がアルバイトの収入隠し650万詐欺る

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

79歳でアルバイトの男が生活保護費詐欺


アルバイトの収入があったことを隠し、生活保護費およそ650万円をだまし取った疑いで、兵庫県神戸市の79歳の・小谷幸三郎容疑者が逮捕されました。


警察によりますと小谷容疑者は、2012年4月から4年5カ月にわたり、警備員のアルバイトの収入がある事実を隠し、神戸市灘福祉事務所から生活保護費およそ650万円をだまし取りました。


調べに対し小谷容疑者は容疑を認めており、「ギャンブルで使った」などと話しているということです。


79歳で警備員のアルバイトをする元気があるのもすごいですが、それをギャンブルで使うとは。


年金を払わなかったため受給できず、生活保護をもらいながらアルバイトをしてギャンブル三昧。


まさしく老害です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です