【登別】全国指名手配の男が自殺か?山菜採りの男性が遺体発見

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

指名手配の男の遺体が発見される

 

16日午前11時20分ごろ、登別市中登別町の山林で、山菜採りをしていた人が遺体を発見した。

 

室蘭署は17日午前、同市内で元妻を刺して重傷を負わせたとして殺人未遂容疑で全国指名手配していた同市内の男(62)の遺体と断定。

 

【公開捜査】逃走中の殺人未遂の元夫の画像公開‼︎北海道登別市

 

男は今月7日、同市登別東町の自宅で、元妻の胸を鋭利なもので刺し、重傷を負わせた疑いで指名手配されていました。

 

指紋が男と一致

 

遺体は16日に左半身が沢の水につかった状態で発見され、男の指紋と一致しました。

 

市内で元妻を刺して重傷を負わせたとして殺人未遂容疑で全国指名手配していた同市内の男(62)の遺体と断定したということです。

 

この男はマウンテンバイクで逃走していたとされていましたが、あまりに逮捕に時間がかかっていたので自殺したのでは・・・と私は予想していましたが・・。

 

おそらく、元妻を刺したのも自分の死を覚悟してのことだったと思われます。

しかし、何が原因でそこまでしたのかはいまだに不明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です